自己満足

自己満足旧版ウェブサイトからのコンテンツ移転がほぼ完了。後はサーバの中に入っていたいくつかのテキストをアップロード。ほとんど自己満足の世界。夢日記なんていったい誰が見るというのだ。

ついでに、imode版のindexも作ってみる。Googleというサーチエンジンが、普通のHTMLファイルをimode用に変換するサービスを行っているので、それを応用してみる。もっと自己満足な行為。

個人的に対抗している(つもりの)日記サイトがある。友人だけれど、彼は「僕らの起業日記」なるタイトルで、仕事にまつわる日々を書き綴っている。メルマガも盛況らしい。仕事のことは逆に書かぬようにしている僕の日記だけど、確かに有用度という意味では向こうの方が一枚(いや、もっと)上だ。
そのサイトは、

【旅心.com】 http://www.tabigokoro.com/

皆さん是非ご一読を。

(追加)
このサイトは、ベンチャー企業の社長という立場で生きる日常というものを書きつづっていて、この駄文サイトとは好対照の『陽』ともいうべき日記。
彼のサイトで私のサイトが取り上げられたのだけれど、ちょっと気恥ずかしい。義理堅い彼のことなので、この文章への返礼なのだろう。照れながら謝辞。


唐突に筒井康隆の「残像に口紅を」が読みたくなる。「世界から五十音が一つずつ消えていったらどうなるか?」という実験小説で、初めて読んだときには興奮したものだ。
本棚にあるはずなのに、見当たらない。どうやら人に貸したらしい。本だけは手元に置いておかないと気がすまぬ質なので、欲求不満が募る。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です