長崎の赤い部屋

長崎の赤い部屋長崎小6女児殺害事件の、加害者が作ったサイトのコピーを見てました。
ネットの住人って立派だなぁ。良くここまで再現したってもんだ。

テレビで話題の書き込みも見たりしたけれど、一番感動したのはカフェスタのアバターってすげぇなあとかそういうことだったりする。職業病だ。

http://zeroplus.s43.xrea.com/s/a.myhp.cafesta.com/dhuo19.html
http://zeroplus.s43.xrea.com/s/a.myhp.cafesta.com/haruka009.html

で、彼女のブックマークに入っていたFLASHを見たりした。小学生がブックマークするコンテンツにしては、ちょっと電波な臭いもする。

先にこちらを見て、
赤い部屋 http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/4358/red_room1.swf

次にこちらをどうぞ。
赤い部屋(改) http://nun.nu/?www.nurs.or.jp/~gatoo777/souko_gif/akai.html

・・・小学校の頃、UFOとか雪男とかが満載の「謎の生物」本を買ったはいいけれど、あまりの怖さにちり紙交換に出してしまったりした僕なら、ブックマークしたら最後、しばらくブラウザ開けなくなるかもしれない。

電話回線1本でこんなものを浴びるように摂取できる環境にいたら、たぶん想像力を育む暇など、おそらく持ちようがない。そして想像力というバッファーがはたらかないということは、つまり彼女にとって人を殺す妄想が、人を殺す現実そのものだったということなのかもしれない。
その意味で彼女と彼女の殺人行為はものすごくリアルな実存在だとも思えるし、『現実だけが支配する人間』というものすごい虚構性も、同時に彼女の中で渦巻いているんだろう。

お、ちょっと社会派だ。本当は『赤い部屋』にびっくりしただけなんですけど。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

長崎の赤い部屋 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Purple Aquarius

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です