一節を引くこと

一節を引くことたった今気付いたのだけれども。

こんだけくそみそに書き散らした村上龍なんだけれども、このblog中で1回だけ(たぶん)、村上龍の小説を引用したエントリーがあることに今気付いた。どこにあるかは恥ずかしいので内緒。

・・・数年前は村上龍の小説を引用してたんだなぁ。と、遠い目をしてみる。

好きな小説は数限りなくあるのだけれども、引用したくなる一節が、最近少なくなったようにも思う。それはやはり多少なりとも出来つつある、自分の中の蓄積知というフィルターが分厚くなった証左だろうし、逆にだからこそ、引用句の重みが、昔より増していくように感じるんだろう。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です