エイヤー/キメ:オトナ語

エイヤー/キメ:オトナ語【エイヤー】
本来なら精緻に客観的に出さなければならない数値などを、手間その他の問題で主観と雑な計算で何とかすること。後はプレゼンとロジック次第。味の素の偉いさんも日経ビジネスで使うので、意外に認知度高いのかも。

例:この数字なんだけど、結局最後はエイヤーしかないでしょう。

【キメ】
何らかの合意を得るために、主観的に設定する基準のこと。「キメる」と動詞形にもなったり。

例:結局先の予測だから、最後はキメで勝負するしかないでしょう。

応用:『エイヤー』と合わせて使うと大人度倍増。「その資料だけど、後はエイヤーでキメつくってよ」


一応オトナ語募集中ってことでひとつ。

Similar Posts:

カテゴリー: F:Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です