不幸なくらいささやか

不幸なくらいささやか今日も残業。

タバコが切れた。

コンビにまで買いに行くか、我慢するかと思い巡らせながら廊下を歩いていると、なぜだかタバコがバラで2本も落ちているよ。

tobacco.jpg
そのうちの1本。

卑しさ承知の上でありがたく頂いてみる。ちょっぴり偶然の幸せを味わってみるものの、昔付き合っていた人に「君の幸せって・・・安いなぁ」と言われた思い出がよみがえってきたよ。
無謀な夢に比べて、幸せの尺度が不幸なくらいささやかなのは善人の証拠だと思うけれども、これが良くないんではないかと新しく欠点を発見もとい再認識の午前さま。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

不幸なくらいささやか への2件のフィードバック

  1. MOET のコメント:

    あ。プチ贅沢というやつですね。
    あ。違うわ。でも最近やはりプチ贅沢するのが幸せと思うんだよね。(ほんまかいな) 
    禁煙したらは?

  2. 森島 のコメント:

    いや、贅沢ではないと思うっすよ。。。

    と、今日もタバコが切れそうなので今日こそは帰ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です