夢日記:2004/09/01

夢日記:2004/09/01昔住んでいた家の一画で、僕は母とともに散髪されていた。
母は理髪師の言うがまま、父好みの髪型になるはずが、とても髪を切ったばかりとは思えない、ひどいざんばら頭になり。僕は鳥の巣みたいに、ひどくいびつに盛り上がった髪になり。

さすがに気もめいり、床屋さんには料金だけ払って退散してもらうことにする。玄関先で相対した彼は、水色の作業着に身を包んだ、精神薄弱の五十男だった。

身体をくねくねさせながら、僕は代金の明細を受け取り、代わりに8,000円少々を支払う。男が手渡してくれた領収書は、昔の国鉄の硬券きっぷみたいだった。

フロイト的に言えば、いったいどんな精神状態なんでしょうね。まったく。

今日はグランドハイアットでウイスキーでも飲む予定なので、さっさとお仕事切り上げる予定。お酒が好きなわけでは決してないのだけれども、飲むのが息抜きってのは否定できない毎日。だ。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です