アメリカ大統領選の勝敗地図を見て

アメリカ大統領選の勝敗地図を見てアメリカ大統領選はブッシュ再選という、個人的には世も末かと思う結果になる。ケリーがどれほどの者かわからないけれど、「Anyone but Bush」というマイケル・ムーアのスローガンはストレートで分かりやすい話だと思う。

読売新聞:米大統領選特集より

us_president_election.gif

この地図を見ると、東部と西部の都市部ではケリーが勝ち、真ん中の砂漠とサボテンと牧場のあるあたりがブッシュ支持、ということになるのではないか。都市/地方でまったく支持政党や政治信条が分かれる日本政界みたいだ。アメリカの地域構造に詳しいわけではないので、実際のところどうなのかはわからないけれど。

どちらにせよ、2000年の選挙でアル・ゴアが負けた瞬間から世界が地滑りを起こしたのではないか、といまだに思うのは僕だけではないだろう。そして悪夢はまた、4年ほど続く。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

アメリカ大統領選の勝敗地図を見て への2件のフィードバック

  1. Redworks のコメント:

    なんか、 まんま南北戦争のような。

    そして世界はリンカーンの登場まで暗黒の時代を続けるのであった。

  2. 森島 のコメント:

    イラクの皆さん、奴隷以下の扱いですしねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です