キケン注意

キケン注意Yahoo!ニュースより。

独居男性に高い自殺危険度 同居者いる人の8・6倍

1人暮らしの男性は、家族などと暮らす男性に比べて自殺する危険性が8・6倍も高い-。
こんな結果が、産業医大(北九州市)非常勤講師の藤野善久医師(公衆衛生)らの研究グループが行った「コホート」と呼ばれる大規模な疫学調査で明らかになった。自殺に関するコホートは珍しい。来年2月、米国の専門誌に発表する。
藤野医師らは、1986年から89年にかけ、福岡県内4市町村の1万3259人を対象に、同居者の有無や家庭でのストレスなどについて調べた。その後の追跡調査で99年までに自殺した人が48人いたことを基に、自殺のリスクを計算した。
その結果、1人暮らしの男性は同居者のいる男性に比べて8・6倍、独身男性は既婚男性に比べて3・1倍自殺するリスクが高かった。女性では、同居者の有無や、既婚か独身かの違いでリスクに差はなかった。

これ、年齢問わずなんでしょうか。独居老人の自殺とか離婚男性なら分かるけれども、若い身そらの独身男性でも、まるでうさぎみたいに寂しいと死ぬのだろうか。謎だ。女性の場合、独り暮らしの有無でリスクの差がないというのも、男性としては何だか頷いてしまう。

8.6倍かどうかはさておいて、独居の男の子としては他人事でないニュースではある。冬だしな。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です