多面評価

多面評価勤務先には多面評価というシステムがあり、画面に表示された同僚の多面評価をしてみる。はっきり言ってやりにくい。特に個人仕事的な部分のある今の職種だと、よほどのことがないかぎり他者を評価するインセンティブもないし、だいたいマイナスポイントって書きづらい。『誉められて伸びる子』としては、ひとさまにだって基本的に誉めて終わりにしたいところだ。

まあ自分に甘く人に甘いせいで窮地に陥ったことは何度かあるし、今後のスキルとして人物評価とかマネジメント力ってすごく必要になってくるんだろう(最近たまに無茶を言ってみると、案外そのスケジュールで進むことを実感、てそりゃツケを人に回しているだけの気もしなくもない)。

いろんな意味でちょっと間違っているのは百も承知の上で、つまりは微妙にビジネスマンとして失格なわけで、これからどうしようか、と考えると途方にくれる。やっぱり書生稼業が似合うと思わざるをえない性格です。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です