この旅行、前提は無し-03

この旅行、前提は無し-03熱海からは昔懐かしい色の電車に乗り、さらに西へ。車内も古めかしい。

湯上がり・散歩後・満腹とあって、揺れる車中にまどろむ。気がつけば東田子の浦。続いて由比、興津と、日本史好きには好奇心をそそる駅名を過ぎ、清水で下車。次郎長ゆかりのなにがしかでもないかと期待したが、生家などは町外れのようなので、あきらめる。

商店街を10分ほど歩き、静岡鉄道の新清水駅からローカル電車に乗る。とりあえず、半日かけて静岡にたどり着いた。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です