200402:中国写真集(北京再訪)

200402:中国写真集(北京再訪)2004å¹´2月に、仕事で北京へ二度目の出張をしたときの写真。当時のボスをアテンドして行ったのだけれども、空き時間や夜の解散後に出かけて撮った北京の風景。どこも治安がよく、さすが共産主義国家の首都だなあと思った記憶がある。

画像をクリックすると、写真が画面中央に拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の画像へ、右側をクリックすると次の画像を表示します。
キーボード操作の場合、Nキーで次の画像を、Pキーで前の画像を表示します。Xキーで写真のウィンドウを閉じます。

北京随一の老舗ホテル、「北京飯店」の室内。A座からE座までの建物に分かれており、ここは一番由緒のある(=古い)A座。北京飯店からの眺め。少し遠目に故宮が見える。あとはアパートがまばらに並ぶ。北京の繁華街、王府井(ワンフージン)の光景。王府井横にある食堂街。ä¸è¯æ–™ç†ã ã‘でなく、いろいろな食堂や屋台がある。串焼き屋台。すこし西域っぽい羊肉の串も売っていた。たこ焼きの屋台。「日式」の看板で売っていたけど、ずいぶん油いっぱいの鉄板で作っていた。北京飯店。夜はきれいにライトアップされていて、夜景の一角を占めていた。王府井の夜。共産ä¸å›½ã‚‰ã—く、夜が早い街だった。地下鉄駅のそばで見かけたトウモãƒã‚³ã‚·å£²ã‚Šã€‚先端の都会と古き良き風情が同居している。天安門。毛沢東の大きな肖像画がいやでも目に入ってくる。天安門をくぐってずっと奥へ進むと、故宮が目に入る。故宮のä¸ã®ä¸€è§’を改造して、スターバックスコーヒーの支店ができていた。天安門に登り眺める天安門広場。北京の下町、前門(チェンメン)。庶民派の屋台や店とともに、お上りさん向けの安宿も並んでいた。

Similar Posts:

カテゴリー: D:旅行 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です