200209:タイ写真集(ピマーイ遺跡、サメット島、バンコク、ナコーン・パトム)

200209:タイ写真集(ピマーイ遺跡、サメット島、バンコク、ナコーン・パトム)2002å¹´9月に、遅めの夏休みと連休をつなげて6日間ほど旅行に出たときの写真。このときは本当にあてずっぽうで、どこに行くのか決めないまま旅に出た。バンコクの空港でピマーイ遺跡に行くことを決め、戻ってきてからはとりあえず近場の海、ということでサメット島に再訪した。初訪問時の旅行記はこちら。
後半は半日かけて、バンコク郊外にあるナコーン・パトムへ日帰り旅行。ここには1996年、初訪タイのときにも訪れているので、ここも再訪ということになる。6年経っても何も変わらない仏塔に、少し感傷的になった思い出がある。
僕にとって、ナコーン・パトムはそういう時間の流れのイコンのような場所だ。おあつらえむきに、仏塔まで建っているしね。

画像をクリックすると、写真が画面中央に拡大表示されます。拡大画像の左側をクリックすると前の画像へ、右側をクリックすると次の画像を表示します。
キーボード操作の場合、Nキーで次の画像を、Pキーで前の画像を表示します。Xキーで写真のウィンドウを閉じます。

この時は、バンコクに着いてから行き先を決めた。空港で航空券を買い乗り込んだナコーン・ラチャシーマー行きのAir Andaman。妙なãƒãƒ¼ã‚«ãƒ«è·¯ç·šã°ã‹ã‚Šã®èˆªç©ºä¼šç¤¾ã ã£ãŸã‘ど、2006年現在、すでに倒産したみたい。ナコーン・ラチャシーマーからバスで1時間ほどのところにあるピマーイ遺跡。アンコール・ワットと同じクメール帝国によって建立され、その様式もアンコール・ワットに似ている。本堂。新しい砂岩部分は、おそらく最近修復された部分。ここに限らず、アジアの遺跡は石造りのものが多いので、修復されると古代の面影はどんどん少なくなってしまう。同じく本堂の装飾部分を接写。本堂をä¸ã«å…¥ã£ã¦è¦‹ä¸Šã’たところ。石を組み上げただけのため、場所によってはコウモリの巣になっていたりする。周囲の回廊。復元はまだ不完全なので、柱が立ち並ぶだけ。いったんバンコクに戻り、東バスターミナルからバスで4時間、そこからボートに乗ってたどり着いたサメット島。雨å£ãªã®ã§ã‚いにくの曇り空が覆うビーチ。夕暮れ時になっても、まだ海岸でくつろぐ観光客の姿が多い。日が暮れると、ビーチ沿いのレストランはどこもシーフードを並べ出す。これらã<!-- zenback_body_end --><!-- zenback_date 2006-09-26 --></p>
<div class=

Similar Posts:

カテゴリー: D:旅行 タグ: , パーマリンク