選挙二考

選挙二考長崎で現職市長が射殺されて、急遽出馬して惜敗した娘婿。娘の迷言は語り継いだほうがよいかもね。

「本当にありがとうございました。父伊藤一長はこの程度の存在でしたか。父は浮かばれないと思います。残念です。父の愛する長崎でこんな仕打ちを受けるとは思いませんでした」

死人が出た話にからむのでなんだけど、そういう極限状況で世襲政治家一族(なかでも嫁いだ娘がそれを主張するというのが業の深さをあらわしていてよい)の意識というものが、あからさまにさらけ出されたのはなかなか意義深かったのではないか。父が死んだら秘書すらやったことのない娘婿が市長、それが父への弔意、ときたもんだ。
ちなみに立候補した横尾さんという人、テレビで見ていたら「伊藤の長崎を発展させていく」とかなんとか言っていたけれど、『伊藤の長崎』って言い方もどうなんだ。ネット上ではニヤニヤ笑いのキモメン眼鏡、ということで評が落ち着いていたが、その政治意識も新聞記者にあるまじき古さだった。こんな奴では保守的な九州でさえ当選しない、ということが証明されたので、まことに日本の民主主義にとっては素晴らしい成果を残したってことだな。

ついでにその九州では都知事選で旋風を(局所的に)起こした外山恒一氏が熊本市議選に立候補していたが、こちらは残念ながら落選。都知事選の政見放送をYoutubeで見て、一発でファンになったわたくし。もし彼が当選していたら、ラジオのヒトラー、テレビのケネディに次いでネットのトヤマ、と呼ばれてもおかしくない(笑)。
政見放送というヘッドコンテンツを衝撃的に提供することで、バイラルとCGMリミックスを巻き起こし、エンタメ・サブカルチャーのノリで当選したら、まさにネットの寵児じゃないか。残念ながらアナーキーすぎてダメだったけれど、彼の演説を見ながら、僕は村上龍の「愛と幻想のファシズム」を思い出していた。

長崎と熊本について考えながら、近いうちにネットの世界から、それも韓国のオーマイニュースがやったようなnegative voteだけではなく今までにないタイプを発掘するというかたちで、政治家が誕生するのだろうなあと思った。

【Youtubeの外山恒一関連】
ノーマルバージョン http://www.youtube.com/watch?v=l2C9lv5t0yQ
映像の世紀編 http://www.youtube.com/watch?v=4oSDvB-XZ-M
ニコニコBGM神編 http://www.youtube.com/watch?v=oXux5e7SKV8
とかちつくちて政府転覆編 http://www.youtube.com/watch?v=9-SRV3HfwQc
有権者諸君を盗んでいきました編 http://www.youtube.com/watch?v=tCnHjK4IYMM

Similar Posts:

カテゴリー: B:マジメな話 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です