下町散歩

下町散歩来た道をただ引き返すのも芸がないので、ライナーの終着駅からバスで草加へ。ここから東武線に乗り込み、観光客で大賑わいの浅草に到着。

浅草を歩いてもしかたがないので、場外馬券売場の横に連なる煮込み屋台(一枚目)を通り抜け、吉原大門へ。
昼間の吉原は、古びた建物が並ぶ侘びしい風情。かろうじて残る見返り柳(二枚目)を横目に、さらに北へ。

遊廓の隣にはドヤ街が広がっており、最近は外国人も宿泊するという簡易宿泊所があちらこちらにある。
何に群がっているのか判然としない人だかりや、焼け焦げたドラム缶やらが見え隠れして、被写体としては哀感あるものの、さすがにためらわれ商店街だけにシャッターを切る(三枚目)。

道を西に転じれば、「あしたのジョー」で知られた泪橋の交差点(四枚目)。……橋も川も、どこにもないけれど。
ゆっくりと歩いているうちに、そろそろ日も暮れかけてきた。

   

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です