F:Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

習作

僕のエートスって奴だ。 詩を書くのが最低な行為というのは自覚しているつもりなのだけれども・・・。 君に伝えたいと 彼の刹那に宿った定点の電気記号 其の在処を君に伝えようと 其の座標の正確な数字を 緻密な論証は善意の顕れ […]Continue reading «習作»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

別にさ

 珍しくここ数日家でビール飲みっぱなしです。珍しいよなと自分でも思う。  大して強くないのにさ。悪いことに、酒に酔うタイプでもないしな。酒に弱くて酔えないって、そりゃ最低だよな。でも酒くらいしか思いつかないんだよな。   […]Continue reading «別にさ»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

太陽に融けた日々:その3

 いつものように、店先にはパパンとカオリさんがいた。まだ僕に気付かないパパンの横顔に、先ほどの会話やチャンダの胡散臭い忠告が、ぐるぐると僕の中で回った。 「ハロー」  努めてさらりと声を出した。 「昨日はありがとう」 「 […]Continue reading «太陽に融けた日々:その3»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

太陽に融けた日々:その2

 いつものように、僕は宿を出た。ほどなく広場が見えてくる。 「ハロー?」  人懐っこいきょろりとした目玉の若者が手を振っていた。彼の横には日本人の女性が膝を合わせて座り、にこにこ笑っていた。 「ハロー」  僕はまず彼に挨 […]Continue reading «太陽に融けた日々:その2»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

太陽に融けた日々:その1

 カジュラーホーは暑かった。ちりちりと髪の毛が焦げていきそうだった。  小さな町で・・・。いや、村と言ったほうが適切かもしれない。たまたま有名な「セクシー・テンプル」があるおかげで、世界中から観光客を集めていて、そのため […]Continue reading «太陽に融けた日々:その1»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

秘史:佐太郎翁以後

 さて、ここからは佐太郎翁死後の森島家の歩みを振り返りながら、その内側をもかいま見ていくページになるはず、・・・である。  佐太郎翁の死後、森島家は揺れる。偉大なる家長の死後、混乱が起きるのは古今東西を問わない。森島家も […]Continue reading «秘史:佐太郎翁以後»

カテゴリー: F:Uncategorized | 1件のコメント

秘史:佐太郎翁の時代

 やはり、「佐太郎翁」抜きにして、我が家の歴史は語れない。我が家歴代当主の中で、その業績は最も大きく、また最もやり手でもあった。・・・ということは、「秘史」に書くべきような裏の部分も最も大きいということである。以下、古老 […]Continue reading «秘史:佐太郎翁の時代»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

秘史:佐太郎翁以前

 さて、「正史」にならいこの項は「森島勘右衛門」について記述することにする。やはりこの人物を抜くわけにはいかない。「かんねもんさ」は、森島家中興の祖、なのである。  勘右衛門の業績として残っているのは、灌漑事業と俳句をた […]Continue reading «秘史:佐太郎翁以前»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

秘史:森島家・想像の彼方

 「正史」に書かれているとおり、「森島」姓の由来に関しては、伝承のような話があるだけで、しっかりしたところは何もわかっていない。  だいいち、「江戸時代の農民には姓氏なんてなかったのではないか?」という疑問を呈される方も […]Continue reading «秘史:森島家・想像の彼方»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする

秘史:森島姓の由来

 さて、本文においても森島姓の由来を取り上げたのだが、新たに森島姓について判明したこともあった。  森島(もりしま):  平氏姓、大和の名族。あるいは中原有家の後裔。美濃・尾張に多数。  出典は失念したが、以上の文章を発 […]Continue reading «秘史:森島姓の由来»

カテゴリー: F:Uncategorized | コメントする