Like a…

Like a…一昨日香港から帰ってきて、そしていまだに自分の住処に馴染めないでいる。ライク・ア・ローリンストーン。10年近くもひとところにとどまっていると、そりゃあやっぱり苔だってむすんである。

そんなこんなで引っ越し・ブルーになっていて、どうも昔のことを思い出す。最近では過去を振り返ることがものすごくネガティブだという社会的風潮があって、実際に僕も普段はそんな規範に違和感を覚えながらも従っていたのだけれども、あらためて考え直してみると、追憶に耽るってのはそんなに悪いことなんだろうか。人は過去と未来に挟まれて垂直に切り立った、有りもしない現在を生きている。哲学的に言えばね。不確かな記憶と夢だけが実在なのだ。ベイベ。

そうか。夢が少なくなってるから、過去の比重が高くなってるんだな、とようやく気付く。そんでもって、沈殿した昨日と強迫的な明日のどちらかを選び取れという現代的な選択に立たされて、たぶん月曜には明日を選び続ける毎日に復帰する。回し車の中の、ハムスターみたいに。

- 昔飼っていたハムスター。 -
hamster.jpg

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です