高瀬川

高瀬川高瀬川 ★★★☆☆
平野 啓一郎 (著) 講談社


cover

この人の作品、いつまで実験小説が続くんだろう・・・。
実験小説がダメだとは思わないけれど、どうもどこかで読んだモチーフが多いのが玉にきず。いい加減いやになるところだけれども、そこは文章力と表現力でカバー。な中編集。
最初は辛かったけど、読み出すと早かったです。表題作「高瀬川」で、鬱陶しさを感じさせない細やかな情景描写を書いてるんだから、もう少し掘り下げるなり不条理なり、どちらかの方向へいければ。

Similar Posts:

カテゴリー: E:読書・映画・演劇 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です