プロフィット/イールド/メリット:オトナ語

プロフィット/イールド/メリット:オトナ語【プロフィット】
prof・it 〔名〕 1 〔U〕〔C〕《しばしば~s》利益,収益,利潤(⇔loss);利益[利潤]率;《a ~》(個々の)もうけ(⇒BENEFIT〔類語〕);《通例~s》利子,利息

【イールド】
yield 〔名〕 2 (投資による)収益,利回り;歩どまり

【メリット】
mer・it 〔名〕 1 〔U〕〔C〕賞賛すべきもの[行為];功績,手柄;長所;《~s》長短,善悪

微妙に違うオトナの言い回し。

プロフィット・・・企画会議なんかで「利益」を表す、いちばん一般的な言葉。
イールド・・・マーケティング部なんかを会議に呼ぶと、勝手にイールドマネジメントな世界に変化します。
メリット・・・呼ぶと会議が長くなる人なんかを間違って招集するとこういう言葉が飛び交います。クライアントに恩を売れるかとか、次の査定にプラスになるかとか、俺が働いているように部長が見てくれそうかとか、面倒くさい今の仕事をほっぽりだせそうかとか、そういう思惑が全部メリットの一言で。

で、結局企画書には利益とか売上とか書くだけです。いいじゃん最初から日本語で。

例:
「結局、プロフィットはどこにあるのかね、この企画」
「当社のイールドカーブはこのようになっておりまして」「zzz…」
「言いたいことはわかるけどさ、最終的なメリットが見えないんだよね。うちのリソースは割けないなぁ」

Similar Posts:

カテゴリー: F:Uncategorized パーマリンク

プロフィット/イールド/メリット:オトナ語 への2件のフィードバック

  1. みっきい のコメント:

    そんなに乱発してネタ大丈夫?

    ちなみに「リソース」もオトナ語

  2. 森島 のコメント:

    バカで暇なのでネタ帳つくってました。
    30個くらいストックがあるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です