律儀かつ難儀

律儀かつ難儀メゲるのはいつものことだと割り切れば良いのだろうが、少々勝手が違う。これが25歳ってやつなのだろうか。
ともあれ、どうも曖昧な時間を過ごしている。自分の立ち位置を定められないあがり症の役者になった気分だ。というよりは、鬱病の俳優と言ったほうが適切かもしれない。

世界って何?と問うてきた数年間が終わり、どうやら「世界と自分の距離は?」を測る時代がやってきたように思う。まあ、どちらも少々遅すぎるきらいもあるが。
さておき、前者を純粋に形而上の問題とするならば、後者は身体性の課題に他ならない。どちらだって疲れるのだけれども、肉体にくるほうが傍目には参って見えるらしい。僕の場合精神と肉体どちらが丈夫か、と問われれば、比較的には精神の方がマシだ。そういう意味でもこたえる日々は続く。心はほっと一休みといきたいところだけれども、躰におつき合いして一緒に参ってみたりする。律儀な魂だ。ほんとに。

何だかよくわからないけれど、今日も眠れません。休日になると必ず昼夜逆転するというこのところ。
やっぱり難儀な性分なんである。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です