イクラの醤油漬

イクラの醤油漬秋実感、というわけで、おうちでイクラを漬け込んでみた。

近所の魚屋で生筋子を2腹。1500円。

ikura1.jpg

塩水を鍋に入れ、ゆっくりとほぐす。塩水でやると皮がやわらかいままのいくらになります。温水でほぐせば素早くできるけれど、同様の理由でNG。
ひととおりほぐれた後、ざるに上げて細かい筋を取り除く。その後2、3度水を換えてお米を研ぐ要領で潰れたイクラやゴミを洗い流す。これをサボると漬け込んだときに生臭くなります。

ikura2.jpg

醤油と酒少々で漬ける。酒はアルコールを飛ばすと風味だけが残るけれど、日持ちが悪くなるので今回はそのまま。醤油はイクラがひたひたに浸かるくらい。漬け汁をイクラと一緒にご飯にかけると最高。

ikura3.jpg

で、とりあえず最低限漬かったイクラに、水気を切った大根おろしと青ジソでいくら丼を賞味。うまい!手間ひまかけただけあって、柔らかいぷちぷちとした食感。大根は青首だけど、これ辛味大根だと最高だろうなぁ。

ikura4.jpg

・・・しかしまぁ、秋の夜長に独りしこしことこんなもの作ってるのも酔狂なもんだ。だいたい2腹も勢いで作ったあと、僕は独り暮らしでどう処理すればいいんでしょうとほほ。

Similar Posts:

カテゴリー: A:Diary パーマリンク

イクラの醤油漬 への2件のフィードバック

  1. レシピ のコメント:

    パンに挟んでもうまいぞ。イクラでも食べられる。あはっはー。

  2. 森島 のコメント:

    おお、それはカナッペみたいでうまそうですね。
    ちなみに
    「豆乳とイクラの冷製茶碗蒸し」
    http://gourmet.yahoo.co.jp/seturl?mid=japanese&small=0101005&id=U010058
    これが食べてみたいんですが、独り暮らしでは厳しいなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です