永遠の仔

永遠の仔永遠の仔(上下巻) ★★★★☆
天童 荒太(著) 幻冬舎


 

今さらながら読んでみました。面白い。・・・最近のミステリーって、宮部みゆきや高村薫以降、全部こんなノリになってしまったなあという感想も、同時にいだきつつ。
最後まで絡み合うふたつの時間軸を螺旋のように高めていく筆致には、ぐいぐいと引き込まれる力を感じる。そして後半最後の四分の一くらいで物語は一気に佳境へと突入するのだけれども、

・・・うーん、謎を解決するために、物語はぐちゃぐちゃ。全然納得できなかった。後半だけでも改訂してくれないかなあ。とまで思わせる。そこまでが面白いだけに。

Similar Posts:

カテゴリー: E:読書・映画・演劇 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です